Tsuu Tatsuta’s blog

イメージすればなんでもできると思う Twitter:@emperor_tatsuta

イナズマイレブン 無印とGOについて語る

どうも、たつたツウです。アレスの天秤の発売がかなり遅くなるのではないかと危惧していながらも、ギャラクシーでやりたいことがあるので、特にイナイレ熱が冷めてはいないです。

f:id:tsutatsutaemperor:20170708205048p:plain前語りはこの辺にして…今回はギャラクシーでもアレスでもなく、無印とgoシリーズについて語っていこうと思います。

きっかけはこのツイートです。

https://twitter.com/emperor_tatsuta/status/875330886392205312

『GOはイナズマイレブンじゃない』と言った人を批判している人たちを見て、少し冷静になってもらおうと思ってツイートしました。

無印のことを初代と言っている誤字はありますが、「無印とGOでのキャラクター性とストーリー性の違いについて」という内容で、もう少し深く考えてみようと思いました。

無印の中にもFF編,エイリア編,世界編、GOの中にもHR編,ラグナロク編,GCG編、また4つの劇場作品がありますが、今回は大まかに無印とGOという分け方をします。

まず初めに思ったのが、「無印は円堂守伝説と言えるのに対し、GOを松風天馬伝説というのは違和感がある」ということです。GOシリーズの主人公が天馬なのは明らかで、「天馬がいなければどうなっていたんだ…」という妄想をしたこともある(アレスで豪炎寺が沖縄に行かないので)のですが……何故なのでしょう。

というわけで、イナズマイレブンシリーズのストーリーを思い出しましょう。

1

-1.『豪炎寺修也が、妹が入院している病院が近いということで雷門中に転入し、帝国学園が雷門中に練習試合を挑む』影山が40年前の伝説のイナズマイレブンと深く関係があり、豪炎寺が前年のFF決勝に出られないように事故を引き起こしているのも影山なんですよね。

-2.『FF地区予選決勝で雷門に負けたものの、前年優勝校枠でFF本大会に出た帝国学園が世宇子に敗れる』鬼道がFF3連覇しないと妹を引き取れないことを知って集中出来ないでいた円堂に豪炎寺がファイトル治療法を施したり、自分の力が及ばずに帝国がFF敗退したことで絶望した鬼道を豪炎寺が雷門に引き入れたり、と色々ありましたね。

-3『雷門中が世宇子を倒し、FF優勝』豪炎寺の「伝説はこれからはじまるのさ!」が印象に残ってます。照美かわいい

-FF編は豪炎寺と鬼道の話を円堂目線で追うようなストーリーですかね。風丸の陸上部関連であったりと、悩みを抱えたキャラクターが登場しますね。

2

-1『自分のことを宇宙人という不審者に学校壊され、サッカーでも敗北。地上最強を目指して日本中を巡ることに。』豪炎寺が妹を引き合いに出されて雷門を離れることになります。

-2『豪炎寺の抜けた穴を埋めるために吹雪士郎を仲間に』吹雪も色々と抱えたキャラクターでしたね。豪炎寺修也というエースストライカーが抜けたことで、染岡さんの描写がかなり増えましたが、無茶をして離脱。

-3『仲間が集まり、大介さんのノートも手に入れたが、ジェネシスと戦う中で吹雪,風丸,栗松が戦意喪失し、円堂も落ち込む。イプシロン改との試合で豪炎寺復活』腐女子人気の高い風丸が抜けたのは大きいですが、栗松は…。豪炎寺が活躍する一方で、一ノ瀬の影が薄い気がする(世界編をどれくらい意識しているのかわからないが、鬼道と互角な割には活躍が少ない気もしないでもない)。

-4『照美が登場して雷門イレブンの意識を高める。グランとの関係性から瞳子監督が敵なのではないかと疑われる』アニメでもゲームでも、照美かわいい

-5『ジェネシスとの試合。吹雪の復活、エイリアの選手たちの生い立ちや思いが明かされていく』吹雪サイドとグランウルビダ吉良サイドのそれぞれの抱えていたものが解決(?)された。

-6『DEと雷門との試合』円堂が再洗脳。

-なあなあで誤魔化してものと向き合わなくてはならなくなる、というキャラクターが多くて思わず泣いてしまうような展開が多いです。

3

-1『選考と言っていいのかわからない代表選考。FFI予選では、選手自らに突破口を考えさせるという久遠監督の采配が繰り広げられる』戦略を練るというのはサッカーらしくなりましたが、やることが超次元。

-2『ファイアードラゴン戦にて、円堂のベンチスタートや豪炎寺のタイガーストーム失敗、不動の連携』チームというものを考えさせる展開でしたね。染岡さんと佐久間を出すために緑川と吹雪が抜けましたが、韓国が照美の母国であったことに比べればちっぽけなことです。

-3『ライオコット島にて、ミスターK,ガルシルド,アラヤダイスケなどの超重要人物の登場。世界のライバルたちとの試合。』練習の中で、そして試合の中でどんどん選手たちが強くなっていきますが、帝国組と影山との関係,ガルシルドの野望,40年前の真実などの試合外での展開が無印シリーズの締めとしてまとまってますね。

-4『イナズマジャパンvsリトルギガント、そして円堂守vs円堂大介』弱小サッカー部から全国優勝、吉良改心のきっかけ作り、ガルシルドの野望阻止と色々やってきた円堂守が、自らの祖父であり、今までの自分を作ってきた円堂大介が、直接育てたチームと戦い、勝利するという描写。アドバイスはしたものの、ゴッドキャッチは守が自分で編み出した必殺技であるというのが、イナズマイレブン無印:円堂守伝説の最後にふさわしいのではないでしょうか。

【無印まとめ】

出来事だけで言えば、40年前のイナズマイレブンの事件,雷門中のFF優勝,エイリア学園の暴走を阻止,ガルシルドの野望を阻止、FFI優勝という単純なものです。ただ、その中にあるキャラクター一人一人の思いや体験というのは、言語では表し切れないものというか、風情があるというか…。

4

-1『松風天馬が雷門中に入学。10年間で中学サッカー界が大きく変わっていた。』剣城や黒の騎士団と戦ったり、かなりの部員が退部したりと色々とありますが、天馬や神童以外の心理描写が少ない気がします。前作キャラの登場は高く評価されてますね。

-2『剣城がフィフスセクターから離れ、天馬たちと戦う』兄さんのことで剣城の葛藤がありましたが、優一が本気のサッカーを求めているということで吹っ切れました。

-3『前作キャラが監督やコーチとして登場する中、昨年優勝校の雷門が決勝まで進む。』序盤の、去年までは化身を出す選手がいなかったという描写の割にはシードが化身をたくさん出してきます。照美が登場するのは嬉しいのですが、ホストにしか見えません。プロ選手の人たちは試合出なくていいんですかね(円堂が怪我で…、とかの設定の認知度の低さ)。

-4『千宮路の過去やイシドシュウジの目的などが描かれ、革命の風が吹き、雷門がHR優勝。』みんなサッカーが好き、ということで解決。

-5『ゴッドエデンの解放(時系列が準決勝の前)』シュウが人気ある。

-根性があるところや口数が多いところばかりが目立ち、大活躍している割には天馬からあまり才能というものを感じにくいような気が。というのも、無印だと天才と称される選手はクールに描かれることが多く、力ではどうにもならないような陰湿な空気を「なんとかなるさ」でゴリ押しして来た才能の塊である天馬をすごい人とは感じづらいんですかね?

5

-1『未来から来たという不審者にサッカーを消された。』天馬、インタラプト修正に抵抗してるし、強すぎますね。

-2『フェイ,ワンダバ,アルノ博士,円堂,優一,豪炎寺,シュウ,大介さんたちの協力もあって、時空最強イレブンを目指すところまで。』サッカーを取り戻すために色々と頑張って、何とかここまで漕ぎ着けました。ギリギリここまで来れたという展開が、とても緊張感を煽ってきますね。ご都合主義?何ですかそれは

-3『時空最強イレブンを集める旅』意志や悩みのある選手、史上の人物が登場しますが、それ以外のキャラが薄くなりがち。

-4『雷門に勝てないと察したエルドラドが豪炎寺,鬼道に話を通し、協力してフェーダを止めることに』エルドラドは雷門を簡単に倒せるのだと思っていたみたいですが、ダメみたいですね(諦念)。事情を全て説明して協力を仰ぐことの意味を、平成生まれの少年少女たちに考えさせるいい話ですね(すっとぼけ)。

-5『最終決戦を通し、フェイ,黄名子,アスレイの側の問題とザナークの覚醒が描かれる』隠していたことが明らかになるいつものパターンと、戦いの中で自我が強くなるいつものパターンですね。

-6『天馬がSARUを説得(洗脳)し、エルドラドとフェーダが和解。』SARUが、力だけを求めていたフェーダの集団の中で絆が芽生えていたことに気付いたのがうるっと来ますよね。

-クロノストーンで終わってもいいと言われるくらい、綺麗な終わり方をしますよね。SARUたちが幼い頃から諦めていた、「仲間と一緒に生きること」を実際はできていたという話、泣けます。

6

-1『クロノストーン編の歴史改変により少し変わってしまった世界戦でのストーリー』無理矢理過ぎると思う人もいるのだろうけど、go3が落ち着いているからこそ、go2の感動ストーリーが引き立つと僕は思います。

-2『世界大会、FFIV2を初心者だらけのイナズマジャパンが勝ち進む』選手たちの抱えている問題が、1,3,go1くらいに落ち着きました。go2が重かったのでね…。

-3『実は異星人との試合だった⁉︎』流石にぬるま湯ストーリーではなく、超次元感を出して来ますね。

-4『勝ち進む度、負ける星もある』どの星も負けてしまったら生きる場所を失うのですから、文字通り命懸けで戦います。生きるか死ぬかの瀬戸際で相手の心配をするなんて天馬くんは優しいですね(棒)。

-5『オズロックの陰謀。』ブラックホールを消せばみんな助かります。しかし、このグランドセレスタギャラクシーは、ファラムオービアスに故郷を滅ぼされたオズロックが復讐のために計画して来たものでした。

-6『ギャラクシーイレブンvsイクサルフリート』サッカーで戦わなければいいのに…いや何でもないです(汗)。

-go2で過去の伏線回収みたいなものを多分に含んでいた影響で、まとめという感覚は薄かった気もしますが、最終決戦で天馬がキャプテンとして覚醒するというのは、何処か新鮮で嬉しかったです。

【GOまとめ】

GKとして火力インフレと向き合っていた円堂とは異なり、天馬は強くなる描写が少ないです。松風天馬伝説ではない気がするのはこのためだと思われます。キャラクター一人一人の成長はあるにはあるのですが、長いスパンで描かれるものではなく(主人公チームで続投する選手があまり多くない)、キャラクター一人一人があまり濃くないのです(無印のキャラがgoでも活躍している、というのも勿論影響していますが)。

【無印とGOの比較】

話が重なって申し訳無いのですが、無印は比較的キャラクターが重視されていて、GOはストーリー面で評価されているというのが僕が持っている印象です。

しかしこれは、イナズマイレブンGOが無印の続編であるが故に、仕方ないという面もあります。無印キャラをばっさり切って完全新作として出せば、キャラ重視でも出せるのでしょうけど、「イナズマイレブン」というタイトルである以上、前作キャラの登場をファンは期待しているでしょう。go放送前に日野社長が円堂,豪炎寺,鬼道が出ると言っていたとき、僕はホッとしましたし。前作キャラを続投してキャラをさらに良くできるのだから、前の作品がキャラ重視になるのはいいことなんですよね。また、後の作品には、それらの濃いキャラクターと新しいキャラクターが揃うので、ストーリーをより凝ったものにできるというわけですよ。無印4作目としていきなりクロノストーンのような作品を出しても、役者が足りませんからね。

ということで、僕はこういう考えを持っていますが、GOのキャラクターも好きですよ。深く描かれないからこそ、引き立つキャラクターもいるのですよ。平成らしいカッコよさのあるGOで初代のような熱血な感じを出しては勿体無いですからね。そういう見方をすると、GOはストーリーだけでなく、短い登場で映えるキャラが多いのかもしれませんね。イナズマベストイレブンにシュウが選ばれたように。

GOのキャラたちのように、魅力を凝縮して話がしてみたいものです(寒)。この辺で記事を終えようと思います。ここまでの閲覧ありがとうございました。

Twitter:http://twitter.com/@emperor_tatsuta

イナギャラ チームメモ F-シャイニング

どうも、たつたツウです。この記事に需要があるのかはわかりませんが、選手の構成について語ろうと思います。対戦ルート用ではありますが、相手に合わせたピンポイントな調整などはないため、対人でも使えると思います。

f:id:tsutatsutaemperor:20170702121724j:plain

F-シャイニングは、中央寄り3枚のDF,ボランチ2中央左右1枚ずつのMF,2枚のFW、という陣形ですね

【構成】

f:id:tsutatsutaemperor:20170702122532j:plain

最も安定していて楽な化身シュートによる得点を狙う戦法でいきたいと思います。

まず、FW,GKは汎用型の化身の超技を積んだ構成です(汎用型といっても、ポーンではないです)。

DFは、(トラップ上手ナイスパス瞬発力パワーブロックのスピード250確保残りブロック)or(トラップ上手瞬発力パワーブロック×2のブロック極振り)です。

MFは、

ボランチ(宍戸と半田がいるところ)は(トラップ上手ナイスパスクイックパス瞬発力のブロック300確保残りスピード)です。

中央(鬼道がいるところ)は(ナイスパス×2クイックパストラップ上手のブロック極振り)です。※対戦ルートならどこに振ってもスキルでなんとかなります。

サイド(天馬とアフロディがいるところ)は、利き手側は(化身の超技ナイスパス×2トラップ上手のドリブル極振り)、逆側は(瞬発力トラップ上手ナイスパス×2のスピード極振り)です。

【プレイング】

基本的な攻め方として、パスのみでFWまでパスを回しますが、化身ドリブラーとスピードドリブラーでボールを運ぶ立ち回りもできます。

守るときは、まず競り勝ちを狙いますが、対人ではナイスパスによって無力化されやすいので、パスが通った後にパワーブロックを狙う立ち回りになります。瞬発力でシュートブロックを狙いやすいですが、止められるシュートは少ないですね。

【注意事項】

F画像の選手は即興で選んだもので、ステータスを一切考慮しておりませんので、育成するキャラクターを選ぶ際はくれぐれも自己責任でお願いします。

スキル構成のところで『×2』という表現を使用して重複を表していますが、パワーブロックにつきましては、効果の重複がどのようなものになるのかを存じておりませんので、万が一に効果を発揮していない可能性がありますので、ご了承ください。

【最後に】

スタメンの半分以上がDFってマ⁉︎

f:id:tsutatsutaemperor:20170702130711p:plain

DF記事→http://tsutatsutaemperor.hatenablog.com/entry/2017/04/23/101606

メガリザードンX 積み技の違いによる立ち回りの違い

f:id:tsutatsutaemperor:20170614070728p:plain

どうも、たつたツウです。シーズン4終盤に向けて最終的な構築に取り掛かっている人も多いかと思います。

僕は今季もリザードンを採用しようと思っていて、リザードン入りのゴールを目指しているので、シーズン4の記事でもリザードンについて語るかもしれません。記事がなければお察しください。

リザxの記事は需要がありそうなので、早速本題に入ります。

 

 

まず、リザードンはたくさんの型が考案されていますが、ここでは積み技を搭載したリザxについて考察します。リザードンには剣舞,竜舞,腹太鼓,ニトチャがあり、構成は以下の3パターンが殆どです。

①竜舞+フレドラ+竜技(雷P,地震 から1つ)

②剣舞+ニトチャ+フレドラ+竜技

③ニトチャ+竜技+(フレドラ,雷P,地震 から2つ

これらは、起点に出来る相手と突破出来る相手が異なります。

①竜舞はサイクルによる有利対面か壁などで無理矢理舞える状況を作るところから始まることが多いです。非メガ時の耐久が心許なく、対面からメガ竜舞をした方が良い場面も多いですね。

②剣舞は単純に火力を高められ、受け思考の構築に対して強いようですが、有効打を持てない相手もいます。上位の方が炎と竜の2weaponリザを採用しているのを見かけますが、十分な範囲でもって仕事を明確にしているのではないでしょうか。

③ニトチャ+3weaponによる圧倒的な『取り敢えず裏に置いとけばいい』感。削れた相手にニトチャして3タテ、という展開が起こりやすく、使っててたのしーですね。

 

というように、積みエースとしてのリザxだけでも、構成と立ち回りが大きく異なります。パーティに合わせて色々な型のリザードンを使ってみると、新たな発見や成長があるかもしれません。まあ、これはリザードンに限らず、どのポケモンでも同じことが言えますがね(^_^;)

f:id:tsutatsutaemperor:20170614220157g:plain

Twitter:http://twitter.com/@emperor_tatsuta

エンペボルト 相性補完なんてただの飾り

f:id:tsutatsutaemperor:20170519215919p:plain

https://goo.gl/jKM6vD

エンペボルトですよ、エンペボルト(唐突)。

エンペルト+グライオンエンペルト+ランドロスといった相性補完の並びがありますよね?しかし、同じ耐性を持つ(蓄電により電気無効)霊獣ボルトロスは、エンペルトとの“並び”とはあまり言われません。というのも、数値が足りないんですよ。

霊獣ボルトロスガブリアスの逆鱗でヒヤヒヤするくらいの耐久しか(もっと低耐久のポケモンは沢山いますが、)持っておらず、ランドグライのように交代戦をするとすぐに過労死してしまいます。

しかし、考え直して欲しいのです。エンペルトにもそんな耐久はあるか、と。耐性と耐久振りがあるとは言え、エンペルトの物理耐久は種族値上だとボルトロスと同じくらいです。(エンペルトの使用率ランキングは3桁で、)エンペルトも耐久に自信があるわけではないのです。そして火力も、抜群一致ラスカノで無振りテテフを落とせない程度です。

エンペルトボルトロスも、サイクルパに入れるには多少の心許なさがあります。サイクルじゃないなら対面構築?レボルトの対面性能はトップクラスですが、ギルガルドアシレーヌといった技の通りが良い重火力アタッカーがエンペルトの前に立ち塞がります。

そうしてたどり着いたのが積みです。エンペルトはステロ,欠伸,吠える,凍風,熱湯などの起点作り要員が欲する技を習得できます。レボルトは悪巧みと高速移動という強力な積み技を持ちながら、異様に広い技範囲を持ち、c種族値145(メガスピアーの10倍弱)です。これは積み構築を使うしかないですよね(多少強引)。

この構築も面白そうなので今度試しますね〜♪ 結果出したら、また記事書きます。

霊獣ボルトロス 高速移動搭載型について

こんばんは、たつたツウです。忙しくてレート潜る時間が確保できていない、ということしか特に話題はありません。なので早速本題へ↓

霊獣ボルトロス(以下、レボルト)はサンムーンから使用率の増えたポケモンとして知られていますよね。αsで僕が最初に厳選したボルトロスは控えめ,めざ氷で、現在使用してる個体です。当時(六世代)は化身ボルトロスが環境に多く、またレボルトの技範囲が刺さる環境でもなかったため、使用率は高くありませんでした。

レボルトを使う上で重要になるのは、素早さです。激戦区の100族を1上回る数値であり、ガブリアスを1下回る数値。スカーフを巻くにしても巻かないにしても、Sに補正をかけるかどうかが重要になります。デンキzやめざ氷の乱数が変わるため、できれば控えめを採用したいですが、行動できなければ意味がありません。

僕が勧めたいのはただのデンキZ控えめcs高速移動レボルトですね。耐久振りしてガブの逆鱗やテテフのサイキネを耐えても良いのですが、高速移動後のs実数値306という、スカーフ最速コケコ(300),スカーフ準速フェローチェ(304),2舞準速100族(304)の誰よりも上という数値を見て、これを捨てることは出来ませんでした。(育成し直しが面倒とは言って)ないです。控えめガモス対面で上からデンキzをぶっぱできるというのもありますし…。技構成は、上から叩きたい相手を考えると、高速移動10万めざ氷ヘドウェでいいですね。

〈まとめ〉

頭が回らないときにブログを書くのはやめましょう。早く寝ましょう。

〈追記2017.7.16〉

色々と訂正しました。

f:id:tsutatsutaemperor:20170518233541g:plain

イナズマイレブンシリーズのpvを振り返る

f:id:tsutatsutaemperor:20170513180707p:plain

どうも、たつたツウです。今は2017/5/13のイナズマウォーカーへの期待に胸を高鳴らせながら、過去のイナズマシリーズのpvを見た時の感動を思い出している次第です。この高揚感を共有して頂けるようにこの記事を書いています。

http://www.inazuma.jp/inazuma/sp/movie/02.html

伝説はここから始まりました。当時僕は小学生で、ゲームのpvを見ること自体殆どなく、当時の記憶も曖昧です。ウラゼウスに勝つために必死になってましたね。この頃はアフロディの声優さんが別の方でしたね(失点時によく聞いてました笑)。

エイリア編と世界編を経て、“円堂大介とガルシルドの戦いが円堂守によって完結する”という形で終わりましたね。円堂守伝説はオーガで未来にまで続くのですが、この話はカットで。

https://youtu.be/IGllZFZur5M

goシリーズが始まり、またハードを3ds専用に変えての1作目。新シリーズになったことに賛否両論あったようですが、僕の感想は「ストーリーを終えてみたら、良い作品だった。」という感じです。

https://youtu.be/EjeFYVoZQ98

3ds系シリーズ第2作品目(対の作品を数えないのであれば、ですが。)のイナズマイレブンgoクロノストーンです。

https://youtu.be/uwIkkBZySUM

goシリーズ第3作目にして、松風天馬時代の最終作品、イナズマイレブンgoギャラクシーです。

以下、主観を織り交ぜながらストーリーを語る。

go1は円堂守伝説の10年後の世界として始まり、サッカーがすべてを決める時代になりました。自由なサッカーを取り戻そうと、新生雷門イレブンと円堂世代の人たちが活躍するストーリーです。黒幕の人もサッカーを愛していましたね。支援者Xがセカンドステージチルドレン育成の布石を打っていた件ですが、SSCの才能があると言われていたのは天馬でしょうね。剣城と白竜の扱いはわかりませんが。

go2はパラレルワールドが出てきて、途中でまた円堂世代を重視したストーリーかと思いきや、天馬世代が円堂守を救うという展開もありましたね。大介さんの過去も描かれ、goシリーズが無印シリーズの延長線上にあることを強く感じました。

go3は前作の影響で、並行した別世界の話として始まりましたね(そうしないと「未来行ってるんだから地球は安心だよ」と突っ込まれそうですし)。ゲームではストーリーの途中で過去のメインキャラをチームに入れられますし、並行世界の1つという設定も合わせて、今までのまとめとして作られているんですかね。影山(黒岩,グラ・ファ)の描かれ方を考えると、彼も円堂大介の影響を強く受けた、イナイレを代表するキャラクターだと思います。

まあ、こんな感じですかね。pvを見た時の期待感は、流石としか言えないです。イナイレについて語るのは大好きなので、コメントやTwitterなどで話ができたら嬉しいです。それではっ‼︎

f:id:tsutatsutaemperor:20170513180720p:plain

イナギャラ チームメモ F-カオスフラワー

F-カオスフラワーのポジションごとの育成メモです。

f:id:tsutatsutaemperor:20170504165506j:plain

f:id:tsutatsutaemperor:20170504165801j:plain

①FW

白竜とシュウがいるポジションで、彼らはキックに特化し、付けられるだけ化身の超技をつけてます。ベンチにも同じ構成が3人。

②MF

時空神童とヴァンプとアフロディがいるポジションで、ここの選手はドリブル特化orドリブルスピード調整。ナイスパス,トラップ上手は確定で、瞬発力,クイックパス,化身の超技,ナイスパス重複などですね。

ボランチセンターバック

天馬とてんつると霧野がいるポジションで、ブロック全振でスキルはナイスパス,トラップ上手,瞬発力,パワーブロック(orナイスパス重複)です。

サイドバック

いかとイシガシがいるポジションで、スピード250〜350で残りブロック振り。スキルは③と同じ。この構成のベンチメンバー1人で、③でも試合に出せるようにします。

⑤キーパー

大人円堂がいるポジション。ベンチにも同じ構成を1人。